やりたいことをやる?

良く、

やりたいことをやれ!

やりたくないことはするな!

って記事が多くありますし、

有名な方々がこう言っていたりしますよね。

そりゃそうだ。って思います。

でも、あなたにとってのやりたくないこと。

これって何ですか?

もっと言えば、

何でそれをやりたくないんですか?

実は昨日、僕の生徒さんが、

僕が繋いだご縁で出版社にて単独トークイベントを

行ったので応援に駆けつけたんです。

以前、僕もイベントをさせて頂き、大盛況で終えることが出来ました。

このイベントの後に懇親会があったんです。

何でタイトルの話になったかって、

今コンテンツを作っているのですが、

全然進まなくて、、、

何をどう作ったら良いのか、、、

という相談を受けたんです。

安い商品なら簡単に作れますが、

高単価商品(高品質)ってそう簡単には作れません。

だって、高単価になると、自分に相当のスキルが無いと

出来ないし、自信が無いって思うのが普通ですからね。

でも、実はあるコツを掴みさえすれば、

これは、割と誰でも出来ちゃうレベルなんです。

※詳細を知りたい方は、

僕がやっている被災地へ利益100%寄付のチャリティー相談会から。

https://www.timeticket.jp/items/57319?ref=widget

その中で「出来ること・やりたいこと」を優先して考えている

この言葉の意味を間違えている人が多くいることに

あなたは気付いていますでしょうか?

あなたはビジネスを成功させたいのですよね?

稼ぎたいのですよね?

ここで、2点あなたに質問です。

普通の人がやりたがらないことをやれ!

これと冒頭の書き出し。

この違いを説明出来ますか?

やりたいこと、好きなことを

ビジネスにする力がありますか?

いかがでしょうか?

明確に答えられる人はビジネスがうまく言っている人。

答えられなかったあなたは勉強が必要です。

例えば、堀江貴文さんが

こんなことを言っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そりゃ儲かっている時は好きなことでも、何でもやればいい。

でもね、苦しい時だって必ずある。

そう言う時は、社員を守るために、

やりたくない仕事もやらなければいけない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どこかの本人のYou tubeで聞きました。

ここに答えがありますよね。

あくまでビジネスです。

「儲かっていれば」

それは好きにやれば良い。

稼げていなければ何の意味もありません。

あなたがまだ稼げていないなら、

やりたいこと(稼げるもの)を見つけるために、

何でもやれ!って話です。

稼ぐためにやりたくないことも、

やりたいことも何でもやれって話です。

※詐欺とか変なのは論外

人がやりたがらないところに

ビジネスチャンスがあったりします。

※何でも屋さんが良い例ですよね。

その中で、やりたいことを見つけていき、

最終的にブラッシュアップしていき、

それだけで稼げるようになる。

これが1つ目の答え。

そして、1つ目と絡むのが2つ目。

ミュージシャンがやりたい音楽が出来なくなった。

やりたいことと商売の葛藤。

グランジというジャンルを確立した

ニルヴァーナのボーカル:カート・コバーンはここが原因で自殺した。

と言う説もありますからね。

つまり、ビジネスなのか?趣味なのか?

こうあなたに投げかけると嫌な印象を持つかもしれません。

ただ、僕の経験から、

これを回避できることが2つあると思っています。

・やりたいこと、好きなことを「ずば抜けて極める」

・商品やコンテンツではなく、人間力でファンを作る

この2つが出来るなら、

あなたは好きなことをビジネスにして生き残れるでしょう。

でも、まだここの域に達していないなら、

そこの行き着くための過程となる、

繋ぎとなる、糧となるビジネス戦略を

取っていくべきなのではないでしょうか?

その2つがあるビジネスが何なのか?分かりますか?

それこそが僕の最も推奨している

情報発信ビジネスです。

何故、このビジネスなのか?

その答えを知りたいなら、

4時間みっちり伝えている僕のセミナーに参加してください。

あなたは必ず意味が分かります。

ここにある実績者の声を聞けば、

あなたはセミナーに参加したくなりますよ。

http://winnersclub.biz/evangelist2/sakurai-syohei/

チャンスを活かすも殺すもあなた次第。

質問があれば、僕のLINEからどうぞ。

>>LINEで質問・相談をする<<