インターネットビジネス

LINE@を運用していく上で意識すべき2つのこと

LINE@にリストを集めているのですが、

このリストをどう教育していけば良いか?

中々、リストからお客様になってもらえないんです、、、

 

今や企業だけでなく、

様々なところで活用されているLINE@だからか、

 

そんな悩みを多く頂きますので、

これにお答えしていきます。

 

まず、LINE@に登録してくれたリストの考え方。

 

どういう形でLINE@にリストを取ったのか?にもよりますが、

まず、LINE@に来てくれたお客様は「全て」自分の顧客、ファンである。

と勘違いしていてはいけません。

 

ただ単にリストを集めるだけでは見込み度が薄く、

LINEでは簡単にブロック出来ますのであまり意味がありません。

 

いかに濃い見込み客を獲得していくか?が大切。

 

そして、

興味を持って登録してくれた事実はあるものの、

登録特典狙いであったり、様子見であったり、

同業がリサーチのために登録していたりもします。

 

あなたの発信を楽しみにしてくれる人は、

どれほどいるのでしょうか??

 

そこで、私はこんな考え方をしています。

2:6:2の法則を意識しています。

 

有効リストの中で、濃いファンを2割。

受信してくれるけれど、見たり見なかったりを6割。

ブロックされる人を2割。

 

ここの数字を目安に考えています。

 

つまり、100リスト登録があれば、

20人はファン、60人は受信してくれるけど、見たり見なかったり。

20人はブロックされる。

 

そうなると残ったのは80人。

 

ここもまた2:6:2になるので、

16人がファン、48人がどっちつかず、

16人がブロックされ、離れていく。

 

もう気付くと思いますが、

どんどん少なくなっていきます。

 

じゃあどうすれば良いのか?

答えは、簡単で新規リストを獲得する。

 

どんどん新しいお客様に登録して頂く必要があります。

母数が増えれば増えるほど、それに比例してファンも増えていきます。

 

だから、あなたがやるべきことはたった2つ。

 

・価値ある発信をLINE@内で提供し続ける(質を上げる)

・新規リストを常に取る(量を上げる)

 

この2つを常に意識し、

実践していくことが非常に大切です。

 

あなたの成幸を願って。

 

私の公式LINEでは色々な情報や成功マインド、

セミナー情報などを公開しています。

 

登録特典もご用意しています。

この機会に是非、ご登録ください。

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント&マインドアップコーチ 桜井翔平

 

ABOUT ME
桜井翔平
1981年埼玉県生まれ。 13歳の誕生日に親からエレキギターセットを 買ってもらいバンドを始めました。 ROCKに影響を受け、ROCKな生き方が大好きで、 私も、自分が作り出すものから、多くの人に生きる夢や希望を与えて行きたい。 と、バンドでプロの道を目指します。 しかし、23歳の頃にMLMに誘われ、ビジネスをやりますがあえなく失敗。 お金が無くなったので、派遣社員として登録し、営業会社に派遣されます。 努めながらも、音楽の道を諦めずに活動していました。 売れようと、モデル・俳優オーディションなどにも行っていました。 でも、全く実を結びません。 負けず嫌いの私は、営業もちゃんとやっていたので、部長職まで登り詰めます。 5年で0から90名を超える組織を形成し、年商も4億円は下回らない状況にしました。 しかし、勤め先の経営難から私の年収は下がり続けます。 29歳で結婚をし、子供も授かった私は給料だけでは全く足りず、 将来が不安だったため、31歳で副業を始めます。 色々なセミナーに参加をし、これだ!と、 取り組み始めた副業が手堅い物販でした。が、、、 どうしてもステージで輝いていたい僕には、 裏方並みの地味な作業に耐えきれずにドロップアウト。 そうやって苦しんでいる中、 情報発信(自分がメディアとなれる)ビジネスに出会います。 これなら、音楽活動にも似ている! 人に夢や希望を与えることが出来る! しかも、実業の経験も活かすことができる! と魅力を感じ、 始めて見ると、たったの4ヶ月で月収100万円を達成。 今では、実業とネットビジネスの経験を融合させた最短・最速で稼げる方法が、好評のため、コンサルティング事業を展開。 真の起業家を輩出すべく、日々挑戦し続ける姿勢で取り組んでいる。 自己紹介動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=SZlakYeXJvk&t=3s ◇経営理念:「共育=人として共に成長する」 ◇主な活動 ・Facebook、Instagram、LINE@、ブログ、youtubeなどのSNSメディアでの情報発信 ・セミナー講師 ・コンサルティング業