インターネットビジネスと実業の融合

インターネットビジネスと実業の融合

先日、交流会を主催させて頂きました。

今回は経営者、実業家、投資家、起業家、フリーランサー、会社員上役など

20名ほどで会食をしてきました。

下の写真は元プロゴルファーでやり手のビジネスマンと、オーダースーツ専門店オーナー。

下の写真は30歳の会社経営者と自分でビジネスを展開している起業家3美女。

下の写真は230名もの生徒を抱える投資スクールのボス。

とにかく楽しそうな雰囲気が伝わると思いますが、

実業経営者、フリーアナウンサー、サロンオーナー、コミュニティー主催者、コーチ、リーダーなど、

本当にやり手ばかりです。

 

こういった交流会を主催するテーマは、

 

「実業とネットビジネスの融合」

 

僕は、実業でも10年かけて、部長職まで上り詰めましたし、

ネットビジネスでも4ヶ月で月収100万円を達成しましたが、

何故「融合」という表現を使うのか?

 

そもそも、ビジネスの本質は一緒です。

 

ネットビジネスにおいて、僕がやっているジャンルは

大きくwebマーケティングのジャンルに入るんですね。

 

今の時代、実業もwebマーケを駆使していかなければいけない時代。

だから、個人で媒体力を持っていたりする人は企業から広告塔として、

買われたりするわけです。

 

youtubeだって、チャンネル登録数や再生数が多い媒体を作れれば、

数千万円〜数億円で売れるという話も聞いたことがあります。

 

逆にネットビジネスの業界も癖があり、独特の感じがあります。

ネット上での完結も可能ですので、人とのコミュニケーションが下手だったり、

人と人との繋がりを大切にしていないような事を感じることもあります。

 

お金を稼ぐことにフォーカスしすぎて、

大切なものが欠けているように感じることも多くて。

 

だから、実業家などと触れ合ってもらい、

そこら辺にも気付いて欲しいなって思っています。

 

会社員と言ったって、

そこそこのステータスを持っている人は、

 

成り上がりですので、

素晴らしい経験や人脈をお持ちです。

 

事実、前回の開催から、

大手との契約に繋がったとか、

六本木ヒルズにオフィスを構える会長の元へ訪れたとか。

 

会社員でも上役だと、

こういう人脈を持っているので、こういうことが出来るんですね。

 

まあでも、結局本質は同じ。

 

ビジネスは人がやっていますので、

この人との繋がりがとても大切だと僕は考えます。

 

こうやって色々な人と話す機会が多いのですが、

 

「楽しく生きる」

 

皆、シンプルに、ただこれを求めているように感じます。

 

行動量も凄いので、比例して情報量も凄い。

話を聞いていても、とても面白いです。

 

僕自身、主催させて頂いておりますが、

とても勉強になることも多く、よりクライアントへの価値提供が増しています。

 

とにかく、自身が学び続け、得た情報、ノウハウを提供していくこと。

それこそが、クライアントへ見せる背中だと僕は思うのです。

 

そうして、僕は僕の生徒さんをコンサルタントとして、

1人でも多く成功(自己実現)へ導く。

 

そうやって自分自身、一歩一歩成長していこうと思います。

 

最後に、、、

僕のLINEでは貴重な情報や稼ぎの情報など、様々なことを無料で流しています。

是非、下の欄からお友達になってくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント&マインドアップコーチ 桜井翔平