迷った時に取るべき手段とは、、、?

何かに迷ったり、悩んだ時の対処法。

その迷いや悩みには大きさや重さがあります。

ここでどうすべきか、、、?

そういう場面が必ず出てきますね。

僕は、過去にこんなことがありました。

簡単に言えば、事業投資の詐欺に逢いました。

家族ぐるみで3年くらいの付き合いもあり、

信用していた社長でした。

額で言うと、◯◯◯万円です。

僕が12年間必死に働いて貯めたお金と、

人から預かっていた大事なお金を全て失い、

借金を背負うことになりました。

この時の僕の心境は想像付くでしょうか?

この時、子供は2人いました。

出費も増えており、毎月の給料では全く足りていなかった。

はっきり言って、気が狂いそうでした。

と同時に目先の◯◯◯万円の利益が返ってくるかもしれない。

そんな甘さから友人でもあり、社長でもあった

人間を信用して投資をしてしまった自分を呪いました。

でも、もう手遅れ。

その社長は離婚し、海外に蒸発したと言う情報だけ。

誰も何も誰も連絡がつきません。

警察にも相談しましたが、

刑事事件にはならず民事だと。

そこで僕は、物凄く迷っていました。

・民事訴訟を起こす

・本人を追えないなら、奥さんに追求する

怒りの感情が治らない。

と同時に、襲いかかる将来への不安。

子供と嫁の将来は、、、

離婚すべきなのか、、、

恐怖と不安で押しつぶされそうでした。

訴訟を起こすにも、

探偵の費用と弁護費用。

そんなものはもうない。

頭金すら払うお金がない。

でも、何とかして、

捕まえたところで本人は、5000万円の借金を作り、

逃亡したことを知っているので、牢屋にブチ込めるだけで、

返済能力は一切ない。

だから、奥さまへ請求できたとしても、

奥さまは片親で育てられ、苦労してきて、

そんな旦那と結婚して、離婚して、借金取りに追われながら、

子供を育てている。

そんな奥さまを追求して、

◯◯◯万円も請求して追い込んでオレは何がしたいんだ?

どうしたらいいんだ、、、

「そもそも全て自分が招いたこと」

これをあんなに良い奥さまにぶつけることは出来ない。

激しい怒りの感情と共に、

冷静に少しなりつつあった僕は、

自分自身を攻め始めていました。

そして、薄々気付き始めました。

もう過去には戻れないって。

だから前を向くしかないのかも。。。

僕は、自分でしてしまった行動に対して、

自分で抱え込んだため、誰にも言えずに1人で

苦しんでいたのですが、

実業でお世話になったメンターとゴルフに行く約束をしており、

不眠症になっていて、その日も一睡も出来なかったのですが、

甘えたくて、頼りたくて、行きの車の中で相談をしました。

そこで返ってきた言葉がこれです。

「そのくらいの額で済んで良かったじゃん。

もし、うまくいっていたら、お前はその人に投資し続ける。

額が大きくなる前でまだ良かったね。」

「追うな。前を向け。」

色々な感情が邪魔をして前を向けなかった僕は、

この言葉で気持ちが晴れました。

そして、前を向くしかない。

何かをするしかない。

そう心に決めた日になりました。

色々な感情があったし、

すごく悩んだし、すごく迷いました。

でも、支えてくれたり、応援してくれている人がいる。

アドバイスをくれる人がいる。

たったそれだけのことが、

とても嬉しかったことを覚えています。

今、振り返っても、怒りの感情も出ますし、

後悔していないと言ったら嘘になります。

が、この事件があり、僕自身が周りの支えに感謝できて、

前を向けたことで、結果として、

今は当時よりも圧倒的に良いライフスタイルを送れるようになりました。

・守るものがあったこと

・周りで支えてくれている人がいることに気付けたこと

・自分自身の選択でこうなったこと

結局、全ては自分の選択で、自分で起こしている事。

だから、前を向いて覚悟を決めて、変えるしかない。

あの事件がなければ、逆に僕は違った意味で

将来への不安を感じ続けていたでしょう。

自分自身で覚悟を持って決め切って、諦めずに必死に頑張ること。

そうすれば、必ず良い未来を自分の力で掴むことが出来ます。

自分の人生を人に委ねてはいけません。

自分の力で変えるのです。

ここまで読んでくれたあなたの勇気になれば☆

最後まで読んで頂きありがとうございました。

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント 桜井翔平

>>LINEで無料相談をする<<

>>成功者のビジネス思考を学ぶ<<

>>プライベートを覗いてみる<<

>>動画でビジネスを勉強する<<