リストマーケティング

今日はあまりしない実業系のお話。
ちょっと普段より難しめです。
.
.
でも、ちゃんと後半にWEBマーケティング
に繋がるのでお付き合いいただければと。
.
.
あなたが普段当り前のように決済している
クレカや、フェリカ(Suicaなど)などなど、
こういう決済システムって日本では当り前ですが、
.
.
つい2005年あたりには、
中国にはこういう決済システムは
全然メジャーじゃなかったんですね。
.
.
公共料金なども、銀行に並んで支払うのが
当り前的な感じだった訳です。
.
.
そのインフラ整備を狙った会社が
沢山出てきました。
.
.
今ではここを狙った決済システム会社の
資本金が60億円にものぼる会社に急成長し、
.
.
中国市場でIPO(上場)の準備に入っていたり、
日本法人も作っていたり。
.
.
2017年には、
訪日中国人は735万人。(前年比15%増)
日本での年間消費額は約1兆7000億円。
.
.
日本からすれば大事なお客様なのですが、
中国からのインバウンドを狙ったビジネスも
沢山存在しています。
.
.
余談ですが、
インドなんて今も一部しかPOSシステム(レジ)
のインフラが整っていないと聞いています。
.
.
こういった決済システムが
中国や韓国では60%〜80%普及している
のですが、日本はわずか20%弱。
.
.
中国や韓国で決済システムが普及した背景には、
偽札が出回っていたりと紙幣への信用が薄かった
というのもあります。
.
.
ここを日本でも普及させる動きをしている
大手企業も多く「QR決済元年」
とも言われております。
.
.
ご存知の方も多いでしょうが、
中国や韓国はスマホ(ネット)の普及率も高く、
アプリで代表的なものは「WeChat」ですね。
.
.
WeChatの利用者数は8億人。
アリペイの利用者数は4.5億人とも言われています。
.
.
ネットビジネスでいう
「リストマーケティング」を行う訳です。
.
.
※リストマーケティングとは、
既存顧客にセールス・宣伝をするってことです。
.
.
こういった企業と連携を取り、
何かを仕掛けると大きな利益を見込める訳です。
.
.
例えば、8億人もリストを持っている企業に、
訪日する方へ向けて、広告を出して貰うだけで
全然違う訳ですよね。
.
.
その際に効率、つまり費用対効果も考え、
セグメント(ターゲットやエリアを絞る)
も出来ます。
.
.
これを考える企業も多くなるので、
そのサイトも埋まる。
.
.
その際にSEO(表示されやすくする)
対策でアップセル(単価UP)を狙うなど。
.
.
色々なアイディア(コンサル)が出る訳です。
.
.
大手企業レベルになると、
これにGPS機能も連動させ、
場所の特定からセグメントも可能になったり。
.
.
と、まあ難しいお話だったかもしれませんが、
インターネットビジネスの中でも、
情報発信ビジネスは全てに応用が効くもの。
.
.
あなたが影響力をもち、インフルエンサーになれば、
企業側からすれば、広告塔として見てくれ、
オファーが入ります。
.
.
個人でもメディアになれる訳で、
自分で製品を作ればオウンドメディアにもなる。
.
.
いかに情報発信をして、
自分の媒体を持つことが重要な時代か?
なんですね。
.
.
セミナー・コンサル・WEBマーケティングなど
こういったスキルを身に付けることで、
幅広いビジネス展開が可能になります。
.
.
この分野だけに突出していても、
企業へ十分に価値提供が可能になります。
.
.
つまりB to Bも見えてくる。
ということは、動く金額も大きくなるわけで。
.
.
あなたは、
このプラスに動くビジョンが見えますか?
.
.
だから、
僕は情報発信ビジネスをあなたに
勧めているわけです。
.
.
副業として取り組んだとしても、
実業(本業)にも大いに活かされますし、
あなたの力にも収入アップにも繋がる。
.
.
ここまで派生するビジネスモデルだと、
僕のクライアントさん達も理解してくださいね。
.
.
これを初歩の初歩から始め、
あなた個人の収益にも変えながら、
楽しくビジネスを学んでいきませんか?
.
.