バリ旅日記 その1(海外旅行の注意点やマメ知識)

バリ旅日記 その1(海外旅行の注意点やマメ知識)

バリに行ってきました。

今日はバリの魅力を伝える旅ブログ的に♪

 

まず、フライトは成田11時発。

国際線は2時間前に空港到着が普通です。

 

僕は過去、国内線と同じ感覚でいた(フライト20分前にゲートイン)ので、

超ヤバいことがありました。

 

また、今回一緒に行く予定だった仲間が、

前日にパスポートを取りに行くという珍プレーをしていまして、

もちろん、日本においていきました。笑

 

パスポートは発行までに2週間はかかると思っておきましょう。

これをみているあなたも気を付けてくださいね。

 

バリまでのフライトは約7時間。

時差は1時間です。(日本が12:00だと、バリは11:00)

 

入国はそこまで混んでいなかったのですが、

荷物が全然出てこなくて、受け取るのに1時間半もかかりました。

なんだったんだろう、、、?

 

あっそうそう。

Wi-Fiは日本の空港、現地の空港で借りることも出来ますが、

個人的には、事前に日本で借りていくことを勧めます。

 

ネットで調べると、

容量制限なしのWi-Fiが格安で借りれるのでそっちを勧めます。

 

ちなみに今回、僕が借りたところはここです。

http://1daywifi.com/bali/serviceplan.html

 

こういうところから頼めば、前日には手元に届き、それを持っていく。

帰国した時に、郵送で返す。ただこれだけです。

 

現地に着いたら、スマホの「モバイルデータ通信」はオフにすること。

もしくは飛行機モード?のままにしておくこと。

 

でないと、海外でそのまま通信を繋ぐと

かなりお金がかかりますので気を付けましょう。

 

現地に着いたら、持って行ったWi-Fiに電源を入れて、

いつも通りのWi-Fi設定をすれば、

数分後くらいからすぐに使えるようになります。

 

あと準備編としては、プラグ変換器だけでなく、

変圧器もちゃんと買っていきましょう。

 

じゃないと、日本から持っていく電子機器全て充電が出来ません。

アマゾンなどで「変圧器 海外」と調べれば、いくらでも出てきます。

 

僕は全世界対応、全世界のプラグ変換器対応のものを買いました。

実際に色々な国で使えていますので便利です。

 

長くなりましたが、ここからバリの魅力に入ります。

 

空港はこんな感じです。

 

で、今回の宿泊先はヴィラカシス。

一棟まるまる貸切です♪

 

 

衛生面も問題なく、各テーブルには虫よけも置いてあってとても助かりました。

日本の蚊よけや虫よけは海外では、通用しないパターンが多いので、

こういうものは現地で買うことを勧めます。

 

トイレもお風呂も特に問題を感じませんでした。

あえていうなら、シャワーの温度調整が難しかったくらいです。

※めっちゃ熱いか、冷たいかで程よい温度の調整が難しかったくらい。

 

部屋はキレイだし、ベットもキレイで問題なし。

セキュリティーも1名が24時間常駐しているので安心。

 

朝食も付いていますが、普通に美味しかったです。

バリ料理のミーゴレンやナシゴレンが出てきます。

 

豆知識ですが、ミー(麺)ゴレン(炒める)という意味なので、

日本でいう焼きそばみたいな感覚。

 

ナシ(ご飯)ゴレン(炒める)という意味なので、

日本でいう炒飯みたいな感覚。

 

バリの気候は1年を通して

28度~31度くらいで四季はありません。

 

雨季と乾季があり、

僕が行った2月は雨季です。

 

とはいえ、普通に晴れている時間の方が多く、

とても気持ち良く過ごすことが出来ました。

 

初日は、ホテルに荷物をおいてからビーチに夜ごはんを食べに、、、

続きは、長くなってきたので、また次回♪

 

バリ日記①(海外旅行の基礎知識&ビーチでの食事、花火など):http://sakuraishohei.com/post-790/

バリ日記②(バギー、ラフティング、象など):http://sakuraishohei.com/post-805/

バリ日記③(レンボンガン島、海、barなど):http://sakuraishohei.com/post-828/

バリ日記最終章(スパ、お土産や伝説の、、、):http://sakuraishohei.com/post-854/

 

LINEでしか言っていない極秘情報も沢山発信しています♫

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント&マインドアップコーチ 桜井翔平