インプットとアウトプットのバランス

インプットとアウトプットのバランス

誰もが経験してきている学校の算数に例えると、

 

インプットは、授業で教科書を見て先生に教わること。

アウトプットは、その教わった知識を活かして、自分で似た問題を解いてものにすること。

 

こうしないとテストで点数を取れなかったわけですよね。

だから、こうしないと、それを理解したとは言えないことは分かりますね?

 

つまり、インプットをしたら、アウトプットをしないと、

理解した「つもり」でしかなく、本当の意味でものにしたとは言えない。

 

更に、人間というのは頭から覚えたものが吹っ飛んでいく生き物。

あなたも、忘れないように、繰り返し何度も何度も問題を解いていたと思います。

 

それを繰り返して、初めて自分のものになります。

 

これが不思議と社会に出ると、インプットばかりしている人が増える。

新聞を読んだり、本を読んだり、映像を見たり、音声を聞いたり。

 

知識を入れることは素晴らしいことだけど、

それを活かして実践しないと全くその人のものにならない。

 

そして、こういう人の行きつく先は、

「ただの評論家」か「頭でっかちになって動けないビビり」のどちらか。

 

得た知識を、すぐに「実践=行動」しないと、

「知っている」だけで「出来ている」にはなりません。

 

インプットをしたら、なるべく早くアウトプットをしないと忘れてしまします。

インプットをしたら、アウトプットはセットで36時間以内だと思ってください。

 

で、その先ですが、インとアウトのバランス。

 

僕のクライアントさんでもよくある質問は、

「インプットが追い付かない」です。

 

もちろん、やらなきゃいけないことは沢山あります。

でも、1つインプットしたら、それをマスターするまで、インプットしない。

 

これくらい割り切っても良いくらい。

「アウトプット=行動=実践」が本当に大切です。

 

動けなくなるくらいなら、一旦インプットは止めて、

動いた方がよっぽど、結果に結びつきます。

 

インプットばかりに気が向いていると、

ノウハウコレクターと呼ばれる、ただの知識屋さん。

何も結果に結びつかない人になってしまいます。

 

だから、僕のクライアントさんには、

アウトプットに比重を置かせています。

 

そうすると、時間が無いと思っていても、

実は結果が出てくるので、時間効率も上がってきて、

良い結果を得ることが出来るようになってきます。

 

是非、この記事を読んでインプットだけに終わらせず、

あなたも実践してください。

 

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント&マインドアップコーチ 桜井翔平

 

<次世代の起業・副業法公開セミナー>

時代に合った成功者続出中の新手法を

期間限定で公開しています。

http://bit.ly/2QhpBTD

 

>>LINEで豪華特典を受け取って友達になる<<

>>成功者のビジネス思考を学ぶ<<

>>プライベートを覗いてみる<<

>>動画でビジネスを勉強する<<