なぜ、副業ブームが来ているのか?

日本政府が副業推奨している状況で、

副業に興味がある人が沢山います。

※政府発表のモデル就業規則もすでに「副業容認」に変わっています。

その一方で、大半の経営者は副業を認めておらず、

まだまだ副業が浸透するまでには時間がかかりそうですね。

だからこそ、今から始める副業が大チャンスなんですよね。

これから副業ブームが来ることは間違いないです。

何故、ここまで言い切れるか?

それは、日本の経済状況を知っていれば簡単な話です。

日本全体の平均年収は420万円です。

埼玉県の平均年収は472万円です。

では、埼玉県が正式に発表した生活必要年収はどれくらいか?

家族4人のデータをご覧ください。

必要年収は30代で年収600万円です。

40代で年収647万円、50代で年収821万円が必要と発表されました。

その下にある平均賃金との差を見て、

あなたはどう思いましたか?

給料だけでは、生活が追い付いていかないんです。

あなたは、ここに薄々気付いていますよね。

もちろん、だからこの差を共働きで埋める。

こういう選択肢もありますが、育児をしながら、それで良いのでしょうか?

というか、育児をしながら、この差分をそこまで奥様は稼げるのでしょうか?

これだけではなく、

ゆとりある老後に必要な貯金が

最低2500万円以上という現実を知っていますか?

証明するとこんな感じです。

平均寿命が83歳。

60歳から23年間年金暮らしになります。

年金受給平均が男性が18万円前後で女性が9万円前後。

女性が少ないのは単純に労働期間の問題です。

生命保険文化センターの意識調査で

「ゆとりある老後生活のための費用」を聞いたところ、

月35万円という調査結果が出ています。

ということは、平均年金受給額と実際の暮らしの差に

8万円/月の開きがあります。

8万円×12ヶ月×23年=2,208万円

先ほどの埼玉県の状況で、これだけの金額を貯金出来ますか?

30歳から老後貯金だけのために毎月6万円の貯金が出来ますか?

ローンや子供の支出、各保険が重なる状態で出来ますか?

どう考えたって無理ですよね。

ここに気付いている人と気付いていない人の差は、

将来の豊かさに直結します。

今はまだ、9割以上の人がここに気付いていないか、

何とかなるっしょ。と他人事のように甘く考えています。

あなたは、是非残りの1割に入ってください。

本業で年収をすぐに300万円以上あげることは出来ません。

でも、副業で年収300万円以上あげることは、半年もかかりません。

これは、しっかり学べば、

年間で300万円以上の収入を自分で作ることは出来るということです。

その証拠に僕は副業を始めてから、1年目の7ヶ月間で4,008,400円稼ぎました。

そのやり方を知りたい方はこちらからチャンスを掴んでください。

http://sakuraishohei.com/seminar/

いつまでやるか分かりませんからね。

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント 桜井翔平

>>LINEで無料相談をする<<

>>成功者のビジネス思考を学ぶ<<

>>プライベートを覗いてみる<<

>>動画でビジネスを勉強する<<