現場と経営者

昨日の記事「誰からお金を頂いているのか?」の続きです。

http://sakuraishohei.com/post-403/

頭の良い優れた経営者や役員の中で、

社員にも慕われていて、組織形成を出来る成功者と失敗者がいます。

現場感覚があるのか?ないのか?

昨日の記事の大塚家具も、

もしかするとこれなのかもしれません。

頭が良い人は、ビジネスモデルや理論を組み立て、

経営論として正論を組み立てることが出来ます。

しかし、それが現場感覚や実態と合わない。

こうなってしまうと、売り上げを伸ばすどころか、

売上が低迷することになります。

理由はそのやり方では、社員が付いてこないから。

社員はコマではありません。

人間ですからね。

例えば、店舗展開している経営陣が、

集客のために、割引のチラシをばらまいたとします。

集客力は増しますが、

現場は果たして回るのでしょうか?

もちろん、集客は週末のピークタイムに集中するでしょう。

そうなると、現場は人出不足で回らなくなります。

ピークタイムだけ人を厚く張ることが中々出来るわけでもありません。

現場が悲鳴をあげます。

結果、お客様を待たせてしまったり、

サービス・品質の低下、ミスやクレームに繋がり、

瞬発的に集客・売上増加に繋がっても、

企業イメージが落ち、顧客が離れかねない状況になります。

ここで、ダメ経営層あるあるですが、

なんで、現場を回せないんだ!!

コストをかけ、集客したのに、何やってんだ!!

と怒る。

現場はまたアホなこと言っているよ。

ほっとけ。と諦めムード。

お前に現場の何が分かる?と、

ダメ経営層は社員の信用を失う結果にもなります。

ヘコヘコサラリーマンが、すいませんと媚びを売る。

有能な社員は、違和感を伝えずに辞めていく。

負のスパイラルが起こり、

最悪の展開になっていきます。

「答えは現場にある」

と良く言いますが、まさにその通り。

ダメ経営層は、頭では分かっていて、口でもこう言ってきます。

そして、無駄に現場に来ますが、

現場にくるだけで、リアルを見ないんですね。

正確には見えないのかもしれません。

そんな一瞬で見えるほど、現場は甘くないですからね。

こういうダメ経営層は、現場や管理者を心から信用していないので、

口では綺麗事を並べますが、いちいち介入し、管理したがる。

それが大半は、残念なことに、

見当違いなことだったり、意味を成さないものだったり。

ただの手間でしかない。

ここで、更に面倒なのが、それでも自分は正しいと思っている。

こういう末期のダメ経営層がいます。

結局のところ、社員を見下しているんですよね。

こうなると、大きな発展はあり得ません。

こういうワンマン経営みたいな会社にしてしまうと、

有能な社員は辞め、無能な社員が残る。

こうなると結末は、、、

では、どうすれば良いか?って、

現場の意見を重宝し、現場の意見を極力組み込むことです。

経営層には経営層の課題や悩みがあり、

現場の全てを鵜呑みにすることはありません。

それでは経営が成り立たない。

しかし、現場を張っている社員の意見を組み込み、

それを評価してあげることが一番現場の士気が上がります。

「現場と経営のバランス=組織形成力=経営力」だと僕は考えます。

こういう組織が強い組織=会社になると確信しています。

相談があれば、LINEからご相談ください。

>>セミナー詳細を見る<<

>>LINEで成功マインドを受け取る<<

>>成功者のビジネス思考を学ぶ<<

>>プライベートを覗いてみる<<

>>動画でビジネスを勉強する<<