ありがとうの反対は?

ありがとうの反対語は「あたりまえ」

ありがとうは「有難う」と書きます。

「有難い」とは有ることが難しい。

つまり、字のまんま。

あることが難しい。稀である。

奇跡ということ。

当然とか当たり前とか。

こういう言葉をついつい使ってしまうこともある。

でも、これはありがとうと真逆。

僕は、これを知ってからいつも思うことがある。

その選択は本当に後で後悔しないですか?と。

特に思うのは、子供に対して。

僕は小さい子供2人のパパです。

子供が大好きです。僕の宝物です。

子供を持つ親なら誰だってこう思っていると思う。

だから凄く思うことがある。

怒鳴りつけたり、暴力を振るったり、

脅したり、傷つけることを言ったりする親。

「機嫌が悪かった」「しつけ」

という言葉で片付けるのは良いけど、

そんな何のためにもならない行動を選択して、

もし、数時間後に子供に何かあっても、

本当にそれで後悔しませんね?

絶対に後悔しませんね?

ここまで極端な例えでなかったとしても、

あんなに澄んだ目をしていて、

疑うことも知らなくて、

パパやママがいないと生きていけない子供に、

本当にそんな言葉、態度で良いんですね?

イラっとしたからとか、機嫌が悪かったとか、

バカじゃねーの?って思うんですよね。

お前の感情なんて子供に関係ねーんだよ。と。

そんな器の小さいお前が出直してこい。

もっとお前自身を磨けよ。と。

こんな話を聞きました。

普段、無口な旦那が晩酌をしている時に、

珍しく「お酌してくれないか?」と奥さまに。

奥さまは、

「洗い物をしていて、今忙しいから自分でやって」と。

旦那は寂しそうだったが、手酌でお酒をついで飲んだ。

しかし、

その数時間後、旦那が倒れ運ばれたが帰らぬ人となった。

奥さまは、あの時なんでお酌をしてあげられなかったんだろう?

なんでもっと優しくしてあげられなかったんだろう?

なんで、優しい言葉で、日頃の感謝をして、たっぷりの笑顔で

お酌をしてあげられなかったんだろうと、

ずっと悔やんだそうです。

大切な人、身近な人ほど、

こういうことが起こり得る。

日々の日常に幸せを感じることが出来なくなり、

感謝を忘れる。

別にそれでも構わないよ。

でも、くどいですが、本当に後悔しないんですよね?

数時間後に、何かがあっても絶対に後悔しないんですよね?

今、この瞬間に感謝をしながら、

今、この状態が奇跡なんだと噛み締めながら、

1日1日を大切に生きていきたい。

誰かのためになる1日をね。

このマインドをベースに、

自分の周りに笑顔や幸せを振りまいていきたい。

特に子供にはね。

僕もまだまだ未熟者。

でも、少しでもそんな器のでかい男になれるよう、

毎日を一生懸命、感謝をしながら生きていきたい。

ありがとうを常に言える人間になりたい。

こう思っています。

<<セミナー情報>>

<<LINEで友達になる>>

<<Facebookで友達になる>>

<<プライベートを覗いてみる>>

<<チャンネル登録はこちら>>