プロセスマネジメントした結果、焦る人の特徴とその対処法

プロセスマネジメントした結果、焦る人の特徴とその対処法

数字の管理から仮説を立て計測する。

 

ビジネスをやっている人間であれば、

この当然、数値化してやるべきこの基本事項が、

不思議と疎かにし感覚でやってしまいがち。

 

その理由は「慣れからくる怠慢」である。

これだけは分かっていても避けたいものですね。

 

あくまで数値を元に戦略を練ることが大切。

 

具体的には、こういう感じです。

 

あなたが1名のクライアントを獲得するのに、

3名にプレゼンなりセミナーなりを

打たなければいけないなら、

 

あなたが目標とする数字をやるために、

何名のターゲット集客が必要なのでしょうか?

 

更に、そのターゲット集客をするために、

日々、何をどうしていかなければ行けないのでしょうか?

 

数値を取って、それを元に分析していく。

 

もしくは、3名に1名のクライアントを獲得したいのに、

5名にプレゼンやセミナーを打っても決まらないとするなら、

何が悪かったのか?どこを改善すべきなのか?

 

手数?量?

それとも質をあげるべき?

 

こうなると頭がパンクする人が多いですね。

 

なーに、このくらいで焦りなさんな。

大した話ではない。

 

あなたが焦っているのは、

結果を早く求めすぎている。

 

自分自身で、

自分を追い込みすぎているから焦るんですよ。

 

そりゃ、誰しもが結果を早く望む。

 

いや、生活がかかってるんです、、、

という声もありますが、いやいや冷静に考えてよ。

 

そんなの皆、一緒だから。

 

そもそも、その中で勝ち残るか?負けて消え去るか?

がビジネスです。

 

それを何とかするのも

ビジネスで大切な1つのスキルです。

 

自宅にあるものを売る。

深夜にバイトする。など

 

そのビジネスを本気で成功させたければ、

その手段は選ばず、何でもするのが成功者です。

 

結果はいつ、どのタイミングで

あなたに付いてくるのか?は分かりません。

 

ただ、確実に1つ言えるとすれば、

その壁は超えなければ行けない壁であるということ。

 

そこで諦めたら全てが終了し、

敗者として、元の世界に戻るということ。

 

ビジネスとは継続力です。

いかに、忍耐強く継続し活動して行くか?

 

逆に言えば、

そうやって時間をかけて作るビジネスだからこそ、

あなたの一生ものと変わるわけです。

 

そう考えると、

頭がパニックになりそうな時の判断の仕方は、

 

一旦、冷静になり、

あなたが「今出来ることをどんなに小さくても良いから一生懸命やる」ことです。

 

そこから逃げずに、大きな夢を見過ぎず、コツコツやるんです。

 

あなたが後悔しない選択をとり行動すること。

 

小さいことでも、動きを止めず、

コツコツ行動し、積み立てることです。

 

それがあなたの夢を叶える唯一の手段だと、

私は考えます。

 

 

あなたの勇気になりますように。

あなたの成幸を願って。

 

LINEでは、役立つ特典の他にも、

色々な情報や成功マインド、セミナー情報などを公開しています。

この機会に是非、ご登録ください。

「共育=事業を通して人として共に成長する」

起業・副業コンサルタント&マインドアップコーチ 桜井翔平